中村憲剛のイクメン対談 第4回 森沢明夫さん
VOL.1「親に愛されているという自信だけは持たせたい」

中村憲剛&森沢明夫さん

毎回、中村憲剛とスペシャルなゲストが、育児の楽しさや喜びについて話し合う「中村憲剛のイクメン対談」。第4回は『津軽百年食堂』や『虹の岬の喫茶店』、『あなたへ』などを発表されている作家の森沢明夫氏にお越しいただきました。2009年発行の『永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語』の執筆のため、中村憲剛選手に密着取材した縁で交流が始まり、現在も仲良くされているお2人。和気あいあいとした雰囲気の中、子どもたちの未来を語ってくれました。

――お互いの印象はいかがでしたか?

森沢:普通のお兄さんでした(笑)。飾ってなくて、カッコつけてなくて。一番びっくりしたのが、試合の時ですね。絶対負けないという“戦闘オーラ”が出ていて、こんなに変わるんだって思いました。ちょっと声をかけづらい、気合の入った感じでした。

――中村選手はどんな印象を?

中村:文章からは想像できないような無骨な人(笑)。自分のイメージしていた作家さんらしからぬ人だったので、驚きました。歳も10こくらい離れているんですけど、凄く話しやすかったです。

森沢:違和感ないですよね。

中村:僕は元々歳の離れた姉がいて、年上と話すのは苦じゃないので。この人はいける人だなあって。この人なら自分の内実を見せられるな、気取らなくていいなというのがありました。

森沢:すごく信頼してもらった感じがありました。

――普段から頻繁に会っているのでしょうか?

IMG_7274

中村:いや、お互い忙しくて、なかなか会えてないです。こうやって腰を据えて話すのもすごい久しぶりです。

森沢:このあいだフロンターレの試合を見に行った時に、久々に少し会話をしたくらい。

中村:メールとか連絡はちょくちょくしているんですが、お互いがお互いの活躍を見ているから、また映画化してるなぁ、また本売れてるなぁって。本屋に行ったらわかりますし。

森沢:読んでくれてるの?

中村:もちろん。溜まっているけどね。「出版が早いよ!」って。映画に吉永小百合さんが出るって聞いた時は、ちょっと僕はもう声かけられないな、遠いところに行ったなぁと思いましたよ(笑)。

森沢:どこにも行かないよ(笑)。

――育てについてもお聞きしたいのですが、お子さんたちが夏休みに入り、一緒にいる時間が多くなったのでは?

中村:1日中家にいるので大変!森沢さんの息子さんみたいに、サッカー行ってくれればいいけど、ウチはまだべったりですからね。どこ行くにも連れて行かないといけない。頭を悩ましてます(苦笑)。

森沢:僕は普段から家で仕事をしているので、夏休みだからといって、いつもと変わらないです。今、上の子が中学2年の女の子で、下の子が小学4年の男の子なんです。そのくらいの歳になると、上は自分でクラブチームのサッカーに行って塾行って友だちと遊んで、お祭りに行ったりしています。下は週に6、7回サッカーやっていますね。

中村:ほぼ毎日ってことですね。僕もそんな小学生だったなぁ。

――森沢家独自の子育て法とかあれば教えてください。

森沢:親に愛されているという自信だけは持たせてあげるようにしています。人生で何があっても、親だけは絶対自分のことを愛してくれるという自信。上の子も下の子も僕が寝かしつけていたんですが、「パパとママの子どもに生まれてくれてありがとうね」って言いながら、頭をなでたりしていました。自分が生まれてきたことを親が喜んでいる、そういうふうに理解させたいというのがあります。

中村:いい話だなあ。大事ですよね。

森沢:子どもにそれを言ってあげると、すごく落ち着くんですよね。子どもは子どもで学校で喧嘩したりいろいろあるわけで。でも、そういう言葉をかけてあげると、落ち着いて寝られるみたいですね。

――ちゃんと言葉にするっていうのは素敵ですね。

中村:大事ですよね。こっちが思っているだけじゃダメだと思います。それを行動で示さないと、気づかなかったりわかってなかったりします。ウチの子が天然なだけかもしれないけど。

森沢:あと、上の子を寝かしつける時には、絵本じゃなくて毎日即興で物語の口述をやっていました。

中村:それは中々僕できないって(苦笑)。

森沢:当時『パパズストーリー』って言っていて、娘が主人公の物語を即興で考えて、毎日聞かせていたんです。ストーリーは毎回違ったり、続きモノだったり。絵本だと電気をつけて読むけど、電気消して寝かせたい時は、「目をつぶってね」って言って喋っていました。物語を毎夜1本か2本ひねり出していたので、それが今の仕事にすごく活きてるなと思います。

中村:森沢さんにね。

森沢:まさかあの体験が物語を作る訓練になるとは思わなかった。正味、3年くらい続けたかな。年間300日やったとしても1000本近い話を創ったことになる。1000本ノックをやっているようですね(笑)

中村:娘さんはそれを覚えている?

森沢:うん、話の内容まで覚えていたりするね。こういうストーリーで、こういうキャラクターいたよねとか、いまでも話すよ。

中村:僕には無理だな(苦笑)。やってみようかな、いや、無理だな。

森沢:憲剛は、子どもにどうやって物事を伝えてる?こういうふうにするといいよとか、物の考え方とか。

中村:結構いっぱしの口きいてるから、適当な返事や話し方はしないようにしています。彼らの言うことに対して、軽く「分かった分かった」とあしらうんじゃなくて、真摯に、なんでこうなったのか?とか、じゃあどうしようとか。そういうのはちゃんと言うようにしています。

森沢:僕は叱る時、「こら!」と言って怒るだけじゃなくて、なぜそれをやっちゃいけないのかちゃんと言うようにしているかな。叱るというよりは教える感じ。あと、ぼくは小説家なので、小説で伝えたいって思います。じつは僕の小説って、半分は将来の自分の子どものために書いているんです。「こうやって生きると素敵だよ」というメッセージを物語にたくさん詰め込んで、半分は「遺書」のつもりで書いているんですよね。

※次回VOL.2も近日公開予定です。お楽しみに!!

 

森沢明夫
■森沢明夫 Akio Morisawa
作家。1969年、千葉県生まれ。早稲田大学人間科学部卒業。日韓でヒットした「虹の岬の喫茶店」は、吉永小百合主演映画「ふしぎな岬の物語」として2014年10月に公開予定。ベストセラー小説「あなたへ」と「津軽百年食堂」も映画で話題に。また「ライアの祈り」も映画化が決定し、2015年6月に全国公開予定。その他の作品は「癒し屋キリコの約束」「ミーコの宝箱」「ヒカルの卵」「大事なことほど小声でささやく」など多数。ノンフィクション作品「ラストサムライ 片目のチャンピオン武田幸三」では、第17回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。
森沢明夫 official blog「あおぞら落書き帳」http://blogs.yahoo.co.jp/osakana920