中村憲剛のイクメン対談 第7回 渡辺明竜王
VOL.1 「自分から自発的にやれる子は勝手に伸びていく」

watanabe01_01

中村憲剛とゲストが、育児の楽しさや喜びについて話し合う「中村憲剛のイクメン対談」。第7回は将棋界の最高峰タイトルである竜王位を10期獲得している将棋タイトル獲得数が歴代6位の実力を持つ棋士の渡辺明竜王にお越しいただきました。2013年発行の『将棋でサッカーが面白くなる本』で、交流があった二人。子育てや育児について独自の考えを語ってくれました。

――お二人は普段お子さんと接する時間はとられていますか?

渡辺:家にいる時間が多いので、接する機会はよくとっていますね。ですが、僕の息子はもう小学校6年生なので、だんだん接する時間が減ってくる時期に入っています。来年からは中学生になるので、年齢的にそんなに親と話さなくなりますよね。

中村:僕は平日に接することが多いです。上の息子が小学校から帰ってくるのが3~4時なので、そこから一緒に遊んだりしますね。朝仕事に行って夜帰ってくるお父さんより接する時間は多くあると思います。

――渡辺さんはお子さんと一緒にどんなことをされていますか?

watanabe01_02

渡辺:僕も息子もサッカーが好きなので、よく一緒に見たりします。後は家にいることが多いので、食事も一緒に食べますね。でもこうやって向き合えるようになったのは息子が幼稚園になった時でした。20歳の時に子どもができたのですが、自分は末っ子ということもあって、小さい子にどう接していいか分からず、ほとんど妻に任せていました。でも息子が4、5歳になって体を動かせるようになってからは一緒にハイキングとか行けるようになって、うまく接することができるようになりました。

中村:今はいい関係が築けているんですね。将棋を教えたことはありますか?

渡辺:4、5歳の時に教えましたが、向かなかったみたいです。

中村:そうなんですか?

そうですね。性格的に向き不向きがあるので。棋士になってくれたらいいなとは思っていましたけど、6、7歳の時点で無理だなと思ったので厳しいですけど、教えるのは諦めました。

中村:将棋でプロになれるかって6、7歳で分かるんですか?

watanabe01_03

渡辺:プロを目指すには小学生の頃から準備が必要なので。中学生くらいで始めてもかなり厳しいと思います。強い子は小学校低学年で初段くらいはとるので。

中村:中村:え!竜王は?

渡辺:僕も7、8歳の頃は初段でした。

中村:すげー!でもトップ中のトップだからそれはそうか。サッカー界で言う(リオネル・)メッシみたいな子ですね(笑)。

渡辺:そういう上に行ける子って親に言われなくても自らやるんですよ。たぶんサッカーでもそうだと思いますが、親が無理やりやらせている子は厳しいと思います。

中村:確かにそうですね。自分から自発的にやれる子は勝手に伸びていきますもんね。

渡辺:自分の息子は伸びなかったですし、自発的にやる感じがありませんでした。

中村:ショックでした?

渡辺:ちょっとショックでしたね。でも将棋で親子揃ってプロになる人があまりいないというのも関係あるかもしれません。スポーツでは多いんですか?

中村:多くはないですよ。Jリーグ自体もできてまだ20数年なので、歴史も浅いですし。

渡辺:お子さんはサッカー選手を目指されているんですか?プロになってくれたらいいなとは思いますか?

中村:上の息子がサッカーをやっていますけど、なってくれたらいいですね。今、本人にやる気があるので、とてもいい状態です。

渡辺:お父さんがサッカー選手だから運動神経が悪いなんてことはないですよね?周りの子と見比べると上手い子ってだいたい分かるじゃないですか。

中村:自分の目が厳しいからというのがありますけど、正直そこまでじゃないかな。普通に見たら上手いのかもしれないけど、どうしても目が厳しくなるので。教える時もモチベーションが下がらないように心がけています。

渡辺:いろいろ考えているんですね。自分は本当に教えることが苦手でした。

 

watanabe-profile
■渡辺明 Akira Watanabe
棋士。1984年、東京都生まれ。2000年4月にプロ入りを果たすと、2004年の第17期竜王戦で初タイトル獲得。翌年には史上最年少で九段に昇段し、2008年に永世竜王資格者となる。2013年には第62期王将、第38期棋王を獲得し、史上8人目の三冠王となった。現在は竜王、棋王の二冠。踏み込みの良い棋風とともに、明確な解析能力に定評がある。

また、自ら立ち上げた将棋連盟フットサル部の部長もつとめており、月に一度のペースで関東の棋士や関係者でボールを蹴っている。