素敵なお便りをいただきました‼

手紙先日チャイルドワン宛に、埼玉県鶴ヶ島市の幼児教育の現場で活動していらっしゃる武知美葉様から、素敵なお便りが届きましたのでご紹介させてください。幼児教育の現場から

初めまして、私は埼玉県鶴ヶ島市に住んでおります二児の母です。高校生と小学生(男児)の子育て奮闘中です。
この度は、チャイルドワン様の〝ピンクアンブレラ運動〟という とても素晴らしい活動に出会い、感謝の気持ちをお伝えしたくペンを走らせております。
そして〝なくそうよ、虐待。やめようよ、いじめ。〟この愛言葉と共に、子どもから大人まで 虐待やいじめに関心が向けられる事を願ってやみません。

大変恐縮ではございますが、私自身のお話しをさせていただきます。私は児童期に〝いじめられる側〟の経験をしました。その経験を乗り越え(耐性力を身に付け)その後、ある先生との出会で自分自身が大きく変化するという経験をしました。学生時代に〝人間形成における乳幼児期の重要性〟をしみじみと感じ、その後は幼稚園現場におりました。〝子ども〟の視点に立ち、現在は、乳幼児と保護者を対象とした学習の場や絵画造形の(心理)講師として、幼児教育に微力ながら携わっております。

その中で多くの保護者の方から、日々の子育てに関わる悩み(いじめ、虐待、成長発達、等)相談を頂きます。私自身も迷い悩みながらの子育てではありますが、困った時に たった一人でも自分を理解してくれ 支えてくれる人がいれば、心が救われるものだとも感じております。私の暮らす埼玉県には、家庭教育アドバイザー制度というものがあり、私もその一人です。アドバイザー研修時、講師であった先生の〝希望をはぐくむメッセージ『大切なあなたたちへ』は、私の心に とても深くに響いております。
是非このメッセージも、多くの方に 知って頂きたいです。 〖※考える葦・・・人間は自然界で弱い葦(植物)の様であるが、考える力を持つ存在でもあるの意〗

チャイルドワン事務局の皆さまの〝ピンクアンブレラ運動〟に出会えて良かった私です。きっと、多くの子どもたちにとっても、とてもとても心強い希望を見つけられる場所であり、大人たちにとっても 大きな心の支えとなる場所であると感じております。チャイルドワン様の益々のご活躍と更なる運動の広がりを、心よりお祈り申し上げます。