中村憲剛のイクメン対談 第8回 マクジルトン・チャールズさん 総集編

中村憲剛とゲストが、育児の楽しさや喜びについて話し合う「中村憲剛のイクメン対談」。第8回は日本初のフードバンクである「セカンドハーベスト・ジャパン」CEO、マクジルトン・チャールズさんにご登場いただきました。チャールズさんは児童養護施設やひとり親家庭、生活困窮者などの人たちに食料を届ける「フードバンク」活動を精力的に行っています。実際の活動のエピソードや子どもたちから学んだことなど、貴重なお話をたくさん語っていただきました。

 

――あらためてセカンドハーベスト・ジャパンは、どんな活動をしているのか教えてください

チャールズ:「フードバンク」とは、品質に問題のない食べ物が廃棄されている一方で貧困で食事できない人もいて、その間をつなぐ支援活動のことです。セカンドハーベスト・ジャパンは食品メーカーや農家、個人などから、まだ食べることができるのに外装の不具合や賞味期限が迫っているなどの理由で廃棄されてしまう食品を引き取って、児童養護施設やひとり親家庭、生活困窮者などの人たちに届ける、「フードバンク」活動をしています。私たちは日本初のフードバンク団体です。

中村:なぜ、日本で活動されようと思ったんですか?

チャールズ:ダメですか(笑)?

中村:ダメじゃないです(笑)。どのようにして今日に至ったのか詳しくお聞きできますか?

チャールズ:簡単な言葉で言うと恩返しですね。私は30年以上前(1982〜86年)、米国海軍で勤務していました。84年に横須賀基地に赴任することになり、日本に来ました。さまざまな経験、チャンスをくれた日本に感謝しています。また、私の娘は、赤ちゃんのときに心臓に疾患があったのですが、日本の医療制度のおかげで手術を受けることができました。この手術がなければ、娘は亡くなっていたかもしれません。

もう一つの理由は日本にはたくさんの食べ物があります。セカンドハーベスト・ジャパンの設立前、日本にフードバンク団体はありませんでしたが、ほかの国よりもフードバンク構築に向いている場所だと感じていました。そんな日本で最初のフードバンク団体立ち上げに参加することは、大きなチャンスだと思ったからです。

中村:僕自身、小さい頃から余ってしまった食べ物はいったいどこに行くのか不思議で気になってしょうがない子どもだったので、品質に問題がないのに廃棄されている食べ物を何か上手く活用できれば良いなと、漠然とですが思っていました。だから、チャールズさんのされている、セカンドハーベスト・ジャパンの活動を知って共鳴しましたね。

活動を知ったのは遅かったんですけど、チャールズさんの活動を少しでも多くの方に知ってもらえたら良いなと。ちなみに、お子さんは何人いらっしゃるんですか?

チャールズ:私が知っている限りでは、3人ですね(笑)。

中村:えっ(笑)。

チャールズ:もしかしたら(自分が)知らない子どももいるかも知れません(笑)。

中村:これ笑って良かったんですか(笑)?真面目な顔で言うから、どうしていいのかわからなかったです(笑)。

チャールズ:アハハ。中村さんは?

中村:僕は知っている子どもが3人です(笑)。

チャールズ:お子さんはおいくつですか?

中村:上の子は8歳と9歳で一番下の子が2歳で幼稚園に通っていますね。

――近年多発している虐待についてどう思いますか?

チャールズ:日本のように豊かな国で子どもたちが安心・安全に生活できない状況というのは、とても悲しいことだと思っています。

中村:僕はスポーツ選手として、そういった子どもたちに対してどういった貢献ができるのか模索しながら、現在チャイルドワンという活動をしています。これまでも様々なジャンルでご活躍されている方と対談させてもらったのですが、今回チャールズさんと対談できて、新たな繋がりができたことで、また新たな貢献の仕方や取り組みを見つけることが出きれば良いなと思っています。

チャールズ:ありがとうございます。

中村:もし、今後可能だったら力になりたいなと思っています。やっぱり自分たちが何かやらないと何もはじまらないというのはチャイルドワンの活動をはじめてみて感じたことなので、問題は根深いですけど継続して活動していくことってすごく大事だと思います。

チャールズ:そうですね。チャイルドワンの目標ってなんですか?

中村:目標はいじめや虐待を受けている子どもが僕が活動をすることで一人でもいなくなれば良いなと思っています。ただ、それがすごく難しいんですけどね。こういった対談を通じてみなさんにいじめや虐待について考えてもらったり、意識してもらうことって大事だと思うんです。

――家族とのコミュニケーションで意識されていることはありますか?

チャールズ:対等な関係を保つことを意識しています。奥さんが16歳年下なので、結婚して最初の2年は苦労しました。年齢が離れているせいで、私が何気なく言ったことでも奥さんには見下されていると捉えられて喧嘩になることがありました(笑)。なので、言葉の使い方だったり、相手の立場や伝え方というのは気を付けるようにしています。

中村:お子さんとのコミュニケーションや関係性はどんな感じですか?

チャールズ:子どもに対しては、コーチみたいな感じですかね。子どもたちには常に考えることを意識させています。子どもたち同士が喧嘩をしていても、私は注意したり、怒ったりはしません。『喧嘩になった原因は何なのか?』『なぜ自分はそのような行動をとったのか?』を、まずは考えさせますね。

中村:僕も同じですね。妻とは同い年なので、チャールズさんのような経験はないですが(笑)。子どもたちと接するときは、考えさせるように心掛けています。なかなか思い通りにいかないんですけどね(笑)

チャールズ:そのとおり(笑)。

――家族でのルールを教えてください

チャールズ:私の家では2つあります。一つは奥さんに幸せになってもらうこと。もう一つは他人に迷惑をかけないことです。奥さんが幸せじゃないと誰も幸せになれないです。
「“If mom’s happy everybody’s happy”(お母さんが幸せならみんな幸せ)」
私の父に教えてもらったことです。

中村:大事ですよね。うちも妻が司令塔なので(笑)。家訓みたいなのはないですけど、常に本気というか全力というか熱意を持って子どもたちと接していますね。親がどれくらいの気持ちで接しているかは絶対伝わると思うので。

――子どもが生まれてから変わったことはありますか?

チャールズ:特にないですね(笑)。

中村:僕はサッカー選手で、人に見られる職業ということもあって、応援してくれているサポーターの子どもたちはもちろん、自分の子どもたちにとってのヒーローであり続けたいなって思うようになりましたね。28歳になる年に一番上の子が生まれて、いま小学4年生なんですけど、パパカッコいいなって思ってくれるようなプレーをし続けたいなって。だから、いまは一番下の子が物心ついてしっかりするまでは現役を続けたいなって思っています。30過ぎたらもう終わっていくのかなと思っていたときもありましたけど、粘ろうかなっていう気持ちが生まれましたね。

チャールズ:アハハ。子どもが生まれてから生活リズムは変わった?

中村:子供中心の生活になりましたね。スポーツ選手にとって食事・睡眠は死活問題なので当初は不安もありましたけど、奥さんの協力もあって全くストレスを感じることなく生活できていますね。むしろ、家族が与えてくれる楽しさとか喜びの方が大きいです。だから、個人的には子どもたちのおかげで“楽しい人生を送れているな”って思ってます(笑)

――お二人のお子さんはご自身に似ていると思いますか?

チャールズ:息子はいたずら好きなところは似てるかな(笑)。娘は奥さんに似てしっかりしてますね。

中村:うちと一緒だ(笑)。

――いじめに対して、親の立場からできることは何でしょう?自分の子どもがいじめられていたら、どうしますか?

チャールズ:幸い、私の子どもはいじめを受けたことはありません。ただ、子どもたちに自分が楽しいと思ってやっていることでも、相手はそう思っていないかもしれないということを教えてあげなければいけないと思うんです。大事なのは親が子どもたちに気持ち、感情をコントロールして相手の立場になって物事を考えて行動できるように教えてあげることだと思います。

中村:いじめは良くないってただ言うだけじゃなくて、実際にチャールズさんのように子どもたちに想像させ、考えさせることはすごく大事だと思います。そうしないと子どもたちの心まで伝わらないと思いますね。


――最後にチャールズさんから中村憲剛さんにこの活動に対して一言お願いします

チャールズ:本当に素晴らしい活動をされているんだなと思いました。

中村:周りのサポートのおかげです。

チャールズ:つながりをとても大切にされているので、今回の対談をきっかけに何か一緒にできたら良いなと思っています。今日はありがとうございました!

中村:こちらこそ、ありがとうございました。是非、よろしくお願いします。

◆マクジルトン・チャールズ
1963年生まれ。1982〜86年アメリカ海軍勤務。84年に横須賀基地に赴任。91年、上智大学で修道士を目指す勉強のため再来日。この頃から山谷で炊き出しに従事。大学卒業後、山谷の路上生活者のための自立センター設立を目指し活動。1997年1月〜1998年4月まで隅田川沿いダンボール生活した。2000年山谷である連帯組織(フードバンク活動のために)協同代表者になった。2002年初のフードバンクをNPO法人化(セカンドハーベスト・ジャパン)。He currently promotes food banking in Japan and Asia.