なくそうよ、虐待。やめようよ、いじめ。

インフォメーション

中村憲剛&江口有香さん

毎回、中村憲剛とゲストが、育児の楽しさや喜びについて話し合う「中村憲剛のイクメン対談」。第3回は国内外で活躍するヴァイオリニストであり、対談では初の女性ゲストとなる、江口有香さんにご登場いただきました。江口さんは、アートの力で社会貢献を推進する『一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワーク』で、児童養護施設を訪れて子どもたちと触れ合う活動を精力的に行っています。スポーツに音楽という違う世界で活躍する2人に、自身の活動に対する想いも熱く語ってもらいました。

――江口さんは、中村憲剛選手のことはご存知でしたか?

江口:中村選手のことは、もちろん拝見していました。最初にこのお話を頂いた時、「何で私なんだろう?」と不思議に思ったのですが(笑)、お子さんがいらっしゃるのは知らなかったです。

中村:そうなんです。24歳の時に結婚して、子どもは2人います。

江口:私は中学校2年生の息子が1人です。

――江口さんはサッカー観戦されたことはありますか?お子さんもサッカーをされたりしますか?

江口:私の父と弟がサッカー好きで、弟は京王多摩川にあるサッカースクールに行っていたぐらいなので、基本的にサッカー観戦は好きです。でも、うちの息子は小さいものが好きで、卓球にいっちゃいました。すみません。

中村:ボールが小さいって意味ですか(笑)。

江口:中村さんは、音楽だと何を聴かれるんですか?

中村:試合の時とか日常的に音楽は聴いています。洋楽はあまり聴かないですね。スキマスイッチさんの曲をよく聴いています。

――子どもに胎教ということでクラシック音楽を聴かせたりしませんでしたか?

photo

中村:いいって言いますよね。ベートーベンとかモーツァルトとか、どれがいいのか僕はよくわからなかったです。

江口:そう、どれがいいかわからないですよね。私は自分好みになってしまうので、母体にいいかどうかわかりませんが、ママがリラックスできるような曲を選ぶのが一番いいと思います。

中村:リラックスできる曲も人それぞれですもんね。騒がしい歌でもリラックスできる人はいるし、難しいですよね。

――子育ての話もお伺いしたいのですが、出産で大変だったエピソードなどありますか?

江口:出産はもう14年前のことですね。痛かったというのは覚えてますけど、あとはあまり覚えてないです。私の周りの人も、出産の時のことは忘れたと言っていました。特に2人目、3人目がいらっしゃる方は忘れちゃうそうです。出産が大変だったことよりも、可愛いと思う方が印象強いんですよね。

中村:それは男同士では絶対聞けない話ですからね。よく、男じゃ耐えられない痛さだって言いますよね。1年間くらいお腹に子どもがいるのって大変じゃないですか?

江口:全然大丈夫ですよ。最近の服装は楽ですし。

中村:僕は気を遣って物を持ったり、運転もさせませんでした。

江口:それは優しすぎですよ!私は普通に運転してましたよ。

中村:でも2人目の時はあまり気にしなくなったから「冷たくない?」って言われました。 最初は僕もわからなかったので慎重になるというか、過保護になってました。2人目の時は「大丈夫でしょ?」みたいな。それが夫婦の温度差を生んでいましたね(笑)。

――子育てで苦労されたことはありますか?

江口:仕事をしながら、ご飯を作って宿題を見るのが本当に大変でしたね。全部をこなすのは難しいです。どうしても頼らないといけない時は、母にお願いして夕飯を作ってもらったりしました。疲れていると、何もできないので。

中村:わかります。家事は奥さんに任せっぱなしですけど疲れている時は大変です。

江口:体を使う人は余計そうだと思います。

中村:勝手な言い分ですけど、体が痛い時とかぐったりしている時に子どもが遊んでーと言って来ると、しんどいですよね。そういう態度はとらないようにしているし、僕の中では子どもと一緒にいるように努めているつもりなんですけど、試合が近づくとピリピリしてくるらしくて。5歳と3歳になる子どもに空気を読ませてしまって、本当に申し訳ないと思っています。

江口:私の本番前とすごく似てます。子どもも「もうすぐ本番なんだ」って、察してくれます。

中村:でもそれは、親の仕事をちゃんと理解してるってことですよね。神聖なものなんだって、思ってくれている。一緒に試合に行ったりするんですけど、最近はわかってきたから「今日頑張ってゴール決めて」とか言ってくれるんです。本当に可愛いですよね。

photo

江口:可愛いって思ってくれるパパがいるのは幸せですよ。多分、皆さんお仕事が忙しすぎて、二の次になってしまいますよね。

中村:ベッタリできるのは今だけだと思うので。

江口:大きくなってしまうと、抱っこもできなくなりますからね。

中村:抱っこって大事ですよね。「抱っこ」って言われたらするようにしています。一応体が資本なので、アクシデントが起きないように心がけてますが、出来る限り要求には答えてあげたいなと思います。
でも僕の練習が午前中で終わってしまうので、夏休みとかはずっと一緒だから、それはちょっときついなって思いますけど(笑)。子どもの休みが長いと、家族サービスとコンディションの調整がとても難しい(笑)。

江口:夏休みは少し長いので、休みはとにかく大変ですよね。

中村:幼稚園で遊ぶだけじゃ物足りないんですよね。僕と遊ぶのと同級生と遊ぶのとは違うじゃないですか。なので近所のママ友さん同士で連携しているみたいです。

江口:ママはすごいですよ。

中村:あのコミュニティは大事ですよ。仲のいい人とかいるんですか?

江口:チームを作ろうと思ったわけではありませんが、自分と同じ状況にいるママさんだと話が合うので、一緒にバーベキューとかやったりしますね。

――――幼稚園から小学校、中学校へと成長していく中で、支えになってくれた人はいましたか?

江口:いっぱいいますね。両親であったり、小学6年生までお世話になったベビーシッターさん、学校には常にお世話になりました。海外の演奏会もあるので、母がいてくれて良かったというのはあります。でも子どもが一緒に行きたがるので、この夏は一緒に行って向こうの語学学校に入れようかなと。

中村:かっこいいですね。どこに行かれるんですか?

江口:ニュージーランドです。

中村:お子さんを連れて行けるのはいいですよね。

江口:共通してますよね。スポーツも音楽も、言葉は後で分かるので。

――お子さんは小さい頃から音楽をやっていたんですか?

江口:音楽は、しょっちゅう聴かせていました。音楽や絵画、本を読むことが一番の情操教育だと思っているので。自分が抱っこして踊っていたら、リズム感だけは良くなりましたね。

――本と言うと、ご紹介したい本があるんですよね。

BL0T9318

江口:そうなんです、『かーくん』という絵本です。この絵本は、『児童養護施設』というタイトルで絵本コンペを行った際に、最優秀賞に輝いた本なんです。

中村:『かーくん』の存在自体は、HPで拝見しました。

江口:養護施設のお子さんが主人公で、その子が水をかけたり友達の食べ物を取ったり、悪いことをするのですが、実はすごく寂しかったんだというお話です。悪い子なのではなく、寂しくて愛情を求めている子どものことを書いた本なんです。これを読むと泣いてしまうんですが、その通りなんですよ。虐待を理解してもらうために、広めていくのはいいことですよね。

中村:みんなに知ってほしいと思いました。

江口:虐待していても、その意識がないことが一番の問題だと思います。それはダメなことだよって気付いてくれれば、まだ救えるんですけど。
実はこの本のモデルになった子は、虐待が原因で亡くなってしまったんです。絶対に起こしてはいけないことですよね。でも現実問題として、そういうことが起こっている。だから、色んな人にこの本を読んでもらいたいです。

――中村憲剛さんはお子さんが小さい頃は本を読んであげたりしましたか?

中村:今でも読みます。寝る前には必ず。読めってうるさいんですよ(笑)。上の子は最近ひらがなが読めるようになってきたので、一人で声出して読んでますね。いつもはペラペラ喋るのに、読む時は一文字ずつなんです。不思議ですよね。

江口:読む時は慎重なんですね。

中村:息子は長男なので、慎重ですよ。『かーくん』は帰って読んであげようと思います。

江口:これと『スーホの白い馬』という本はおススメです。

中村:でもこの本を読んで、子どもは理解してくれるでしょうか?

江口:分からないかもしれないです。『かーくん』のような子は実際に多いですけど、子どもって幼いうちは、そのツールを辿るところまでの余裕がまだないじゃないですか。本人たちが自覚して読めるようになるのは、小学校高学年くらいかな。

――江口さんは実際ソーシャル・アーティスト・ネットワークで、虐待されたり育児放棄された子どもたちと触れ合っていらっしゃいますが、その経験を通して感じたことはありますか?

江口:「どんな親でも、親がいいんだ」というのは、触れ合って毎回実感します。私は未就学児を担当しているので、特にそう思いますね。親御さんも大変だと思うけど、なるべく抱っこしてあげてほしい。例えば、ヴァイオリンを教える時でも、抱っこしながら一緒に弾いたり。親の愛情に飢えてるんです。

――音楽界の方々にも色々と活動を呼びかけていると思うんですけど、反応はいかがですか?

江口:世界的に見ると、五嶋みどりさんという方が障害者たちのオーケストラを作ったりされていますが、そういう活動が少しでも日本で増えて欲しいと思います。

中村:皆でもっと色々な取り組みができればいいんですけどね。

江口:そうなんです。少しでもそういう動きがあればありがたいんですけど、なかなか難しいですね。自分の子どものことで精一杯なのはわかります。少し子どもの手が離れたくらいのお父さん、お母さんがやってもいいのかなとも思うんですけど。
でも中村さんの奥さまも、子どもの手がかかる時期によくやっていらっしゃって凄いなと思います。

BL0T9336

中村:支えてもらってばかりですね。ピンクアンブレラ運動は、もともと川崎フロンターレの虐待防止の仕事がきっかけで始まったんですけど、こうやって江口さんとお話したり、ソーシャル・アーティスト・ネットワークさんとつながったりと、少しずつ輪が広がっていけばいいんじゃないかと思っています。虐待に解決策はないですけど、自分たちが問題提起することで、減らせるきっかけにはなると思う。この対談も、まず2人が話したということが大事で、これを見た人が江口さんのHPに飛んだりすれば、つながりが広がっていきますよね。

江口:ありがたいですよね。

中村:皆、虐待は悪いことと知っていながら、あまりにも大きな問題だから足踏みをするじゃないですか。でも誰かがやらないといけない。音楽界とスポーツ界、ジャンルにこだわらずに皆で取り組んでいければと思います。

江口:施設の子どもが増えていってしまうのは、残念ですもんね。

中村:去年の年度末に、初めて川崎の児童養護施設に行きました。これからも機会を見つけて行きたいと思っています。スポーツ好きな子どもも多かったです。喜んでくれました。それだけでも自分が行く価値があるなと。それは江口さんの活動も一緒だと思いますけど。

江口:それはあるかもしれないですね。でもまだ分からないこともありますよ。子どもたちは「その楽器は何?」という次元なので、どこから教えようとか、まだ少し手探りな部分もあります。

中村:興味を持ってくれるのはいいことですよね。それがきっかけとなって、音楽家やサッカー選手を目指していってくれたら嬉しいし、その手助けができばいいなと思います。

江口:自己啓発や自己肯定感は何かに興味を持つことによって、育てられるんじゃないかという考えも出てきているので、是非そうなってほしいです。また、子どもたちと寝泊まりも一緒にされている職員の方がそういう風に理解してくださっているので、連携するのが望ましいんですけどね。具体的に子どもに何かやらせるのって難しいんですよ。

中村:本人たちにその意欲がないとだめですしね。でも僕たちが施設に行かなければ、身近にならないから、行動に移すことが大事なんだなと、去年の施設訪問の時に実感しましたね。

江口:ビッグなサンタクロースさんだったんですね。

――ピンクアンブレラの活動もちょうど1年くらいで、江口さんもこのような活動を始められて12年ほど経ちます。その中で、意識として変わってきたことはありますか?

photo

中村:最初の頃は、本当に手探りでした。色々やってきた中で簡単なことではないと改めて感じたけど、継続することが大切なのかなと。自分が手を挙げることで、この問題がどれだけ大きいかというのを皆に認知してもらいたいです。まだ始めて1年くらいですけど、多くのことを学びました。この対談もそうだし、こういう輪が広がればもっと色々なことができると思うので、僕自身この活動は一生ものだと思っています。少しずつですけど、江口さんと何か新たな活動ができるかもしれないし。

江口:12年くらい経ちますけど、ようやく社会とつながった感じがします。同時に12年もかかったってことですよね。自分たちのことを解決することで精一杯だったので。子どもが小さい頃は、手がかかるような経験や葛藤もありました。でも、ちょうど1年前くらいに自分のしたいことがやっと見えてきたと思っています。今後、継続していくのは大変だと思うんですけど、ずっと関わりたいと思ってます。

――これから母親・父親になるような人に向けたアドバイスはありますか?ひょっとしたら虐待しそうな気持ちになった時に、投げかけてあげられるような言葉があれば

江口:子どもと2人にならない方がいいと思います。その時間が長ければ長いほど、結局力って弱い方に行ってしまうんですよね。どんなに人間ができた親でも、1対1の時間が長くならない方がいいですね。どこか出かけたり、誰かに来てもらうでもいい。核家族も問題になる要因の一つだと思うので、必ず複数の人がいる場所にいてほしいと思います。

中村:できるだけ孤立しないことだと思います。自分が思っている以上に、周りには人がいると思うんです。もし虐待していたらそれを知られたくないだろうけど、誰かに声を出す勇気はすごく大事だなと思います。自分がその状況下にいないので、説得力がないと思うんですけど、どの親にも苦労や悩みはある。それをちゃんと話せる人がいてほしいと思います。仲が良ければなおさらいいし、なかったらそういう場所があれば、そこに駆け込む勇気を持ってほしい。

江口:近所に友達がいたり、近くの公民館を利用するとか。なるべく親御さんがいるところがいいのかな。おじいちゃん、おばあちゃんの存在はやっぱり大きいですね。

中村:あとは自分の子と他の子を比較しない方がいいと思います。それはすごく感じます。
他の子ができるのに、うちの子はできないという悩みが結構多いって聞きます。実際、そういう話も聞きますし。でも「今はそれでもいい」って思うことも必要。他の子がこうだから、うちの子もって考えてしまうと、強迫観念にかられちゃうので。

江口:私も最近まで自分のことに関してそうでした。自分でも「何でハードルを上げてしまうんだろう?」と思うんですけど、周りと比べていましたね。そこから先に卒業しないと難しいですよね。

中村:自分にできることって大体決まってるじゃないですか。サッカーでもそうなんですけど、自分のやれること以上を望むと大抵失敗するんですよ。

江口:本当にそう思います!

中村:この歳になって、普通に自分のできる100%をやることがすごく大事なんだと気付きました。若い頃は、ライバルの選手が気になったり、「あいつがこれだけやったんだから、自分もやらなきゃ」とか、余計だったと今は思います。ライバルにはライバルの良さがあるんだから、自分は自分の良さを発揮できればいい。多分それは、子育てでも一緒だと思います。背伸びはよくない。例えば他の子が足し算ができて、かけ算も言えるけど、うちの子はまだできないとか。そこまで悩むことはないと思えるようになってきました。

photo

江口:成長が遅れていても、そのことを「君の個性だよ」って受け入れてあげるのは、本当に難しい。やっぱり親はできた方が嬉しいじゃないですか。

中村:そこがすごく難しいですよね。できた方がいいけど、「できないならそれでいいんだよ」って言える親の度量がすごく大切。度量がないと、結局追い込むことになってしまう。僕も、矛盾しますけど、未だに「何でできないんだ」って言っちゃいますし。

江口:思いますよ。普通できるよねって思っちゃう。

中村:でも「普通って何?」って感じですよね。僕たちには普通でも、彼らには普通じゃないと認めてあげないとね。親になってまだ5年ですけど、葛藤の連続ですよね。

――それを親としては見守ってあげればいい?

中村:見守る一方で、無性に焦ったり(笑)。気をつけてはいるんですけどね。

江口:親も100%じゃないですから。

中村:僕ももう33歳ですけど、親になってまだ5歳ですからね。

江口:色んなことが初めてなんですよね。

中村:試行錯誤と言うか模索しながら今はやっています。子どもたちも、多分もう気づいてるかな(笑)。「こないだはこう言ってたじゃん」って言われましたからね。子どもは記憶力がいい。その瞬間に、子どもの成長を感じますね。そういうのを楽しめる余裕があれば、虐待の原因はひとつ減るんじゃないかな。金銭的、時間的な問題もあると思うんですけどね。

江口:現実的な問題がね。

中村:それを理解してくれる人がいるってことを、僕らが声を出すことがすごく大事なのかなと。

――江口さんから中村憲剛選手の活動に対して一言ありますか?

江口:お若いのに、素晴らしいの一言です。私が33歳の時は大変な時期だったので、その時の自分と比べたらすごい!と思って。

中村:周りのサポートのおかげですよ。

江口:それが言えるのがすごいですよ。是非、長く続けていってほしいです。

中村:今はサッカー界に対して、何か呼びかけたいなって思っています。今Jリーグは、全部で51チームあるんですよ。ほぼ全国各地にある。だから各クラブにこの運動が浸透していけば、日本中に回るじゃないですか。音楽も同等以上の力があると思う。

江口:数えだしたらそれくらいあるんじゃないかな。地方のオーケストラも数えれば、かなりありますよ。

中村:本当に、一歩踏み出せればいいですね。

江口:全然行けると思います。むしろ、行かないと。今日はありがとうございました!

中村:こちらこそ、ありがとうございました。今回の対談をきっかけに、一緒にやっていただきたいと思います。お互い、がんばりましょう。

江口有香

■江口有香 Yuka Eguchi,Violin
3歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科に在学中、第55回日本音楽コンクールヴァイオリン部門にて第1位(1986年)。その後渡米し、インディアナ州立大学音楽学部に入学、在学中にワシントン国際コンクール第4位(1991年)。同大学を卒業後、同年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第3位(1993年)。帰国後は、ソロ活動の他、アンサンブル活動や後進の指導にもあたるなど、幅広く活躍。2006年~2011年、トウキョウ・モーツァルト・プレーヤーズ・コンサートマスター。2007年~2014年、日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・コンサートマスター。現在、国内外のオーケストラのゲストコンサートマスターを務める。2013年に「東京トリオ」を結成(Pf.鳥羽泰子、Vc.江口心一)、ソロ活動や室内楽活動にも取り組んでいる。桐朋学園子どものための音楽教室非常勤講師。

また、多くのCDもリリースされており、「ツィゴイネルな世界」「ヴィラ=ロボス・vl.ソナタ集」(Pf.村上巌)「小品集メヌエット」(Pf.渡邊一正)「無伴奏ヴァイオリン名曲集・庭の千草」「ジャパニーズ・チルドレンズ・ソング」(編曲・守田裕美子)「チェロとヴァイオリンのための二重奏曲集」(Vc.江口心一) 「Meditation」(Pf.藤田雅)が、いずれも Crown Tokuma, King International より発売中。

これまでに、ヴァイオリンを蔵持典与、安田広務、故・鈴木鎮一、小林健次、故・J.Gingold、 故・F.Gulli 、 Yuval Yaron、室内楽を 故・J.Starker, 故・G.Sebok各氏に師事
ソーシャル・アーティスト・ネットワーク http://www.socialartists.net/

PAGE TOP